スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚異の成長 

0004.jpg
最近のじめじめした湿度の高い気候、くうしん菜には超最適である。すくすく伸びる伸びる。
一度収穫をして自宅へ戻り、また温室へ行くと元通りに成長したのではと思うほど早い。
驚異の生命力。これがくうしん菜の栄養のもとなのか?
スポンサーサイト

かわいい桃太郎 

桃太郎トマト
早く赤くなれ、完熟トマト。現在四段目収穫中、おかげさまで甘さもまあまあ、果肉たっぷり
食べ応え十分。
ショップにてお買い求めいただけます。

お叱りの声 

 6月17日広尾のお客様より最近のくうしん菜がちょっと柔らかすぎて、長持ちがしないとのお叱りの言葉を頂戴しました。大変申し訳ありません。おそらく、曇天続きで太陽が出ず光合成がたりなかったのではとおもいます。また他の原因があるかもしれませんので早急に原因を調べ、お知らせしたいと思います。(例えば運送状態、梱包作業等)。また、お客様には野菜に対する厚い思いをお話いただき、本当にありがとうございました。今後ともご意見を参考させていただきたいと思います。そして当農場のくうしん菜をご愛顧いただきますようお願いいたします。         農場主 ホソじい

くうしん菜とイカの炒め物 

材料
くうしん菜             2袋
イカ                100g
にんにく              2片
みそ                大さじ2
酢                  小さじ2
ナンプラー             小さじ
塩                  少々


1.くうしん菜は洗って4センチほどに切る。
  にんにくは皮をむき薄くスライスする。
2.フライパンににんにくをいれ、香りが出るまで炒める。
3.2にイカを入れ、火が通ったらくうしん菜、みそ、酢をいれて手早く炒める。
  くうしん菜の茎が透き通ってきたらナンプラー・塩で調味する。

くうしん菜をいためるコツは茎を先にいれ、出来上がり直前に葉を入れて炒めると良い。
お好みで、炒める時辛子明太子やアサリなど貝類も入れても面白い。
         

くうしん菜のアジアン・オードブル(簡単) 

001.jpg


材料(1人前)
くうしん菜                1/2袋
なす                   1/3個
トマト(黄色)              1/2個
えび                   2尾
梅干                   1個
お好みのドレッシング



1.くうしん菜は適当な長さに切り、塩と油を入れた湯でゆでる。
2.なすを縦に細長く切り、油で炒める。
3.皿に1と2とゆでた海老、梅干の皮、黄色いトマトを盛り合わせ、
  市販のお好みのドレッシン(ゴマドレッシング等)をかけて出来上がり。
この料理は盛り付けが命、エディフルフラワーなどを添えると超本格的?
 ポイント くうしん菜は、葉っぱ2~3枚を切らずにあらかじめ残しておく、お湯に入れるとき
茎の部分を先に入れる、葉っぱの部分はしゃぶしゃぶの感覚で湯に通す感じ。
最後にお湯に通さず残しておいた葉っぱを飾り付ける。当然全部食べられる。
食べた感想
くうしん菜の少しぬめりがある触感と茎のシャキシャキ感はなんとも言えずアジアンテイスト
ごまドレッシングに梅干のミスマッチが、なんとも言えずすんなり口の中へ入り込む
隣に赤ワインでも添えれば最高(個人的な趣味)
ちなみに、料理はエスニックでもお皿はイタリアンでした。顔

この料理に最適なくうしん菜はホソじいのくうしん菜でなければだめです。
柔らかくて茎まで生で食べられます。理由はショップの説明を呼んでくださいね。





     

くうしん菜のタイ風豚肉の和え物(ヤム・ムー) 

材料
くうしん菜            1束
玉ねぎ              1/4個
豚ロース肉薄切り       200g
にんにく             1片
レモン汁             大さじ一杯半
ナンプラー            大さじ2杯
塩、コショウ           少々




1.くうしん菜は良く洗い硬い部分は取り除き、3センチ位の長さに切る。
2.玉ねぎを薄くスライスする。
3.すりおろしたにんにく、レモン汁、ナンプラーを良く混ぜる(酸味がきつい時は砂糖を少々加えると
  柔らかくなる)。
4.豚肉を一口大にきり、軽く塩、コショウをふり、フライパンで炒める。
5.ボールに炒めた豚肉、くうしん菜(生のまま)、玉ねぎ、3のドレッシングをかけてよく混ぜ、皿に盛
  る
  お好みによりミヨウガやパプリカなどを入れても。

ホソじいの素顔 

いまだネット上に顔を出していないホソじい,
近日中に公開予定、こうご期待。

農家の朝は早い 

 最近は日の出の時間が早いので朝は4時半起床だ。太陽と共に起き、太陽と共に寝る(寝るほうは太陽より遅い)。植物も同じサイクルなのでどうしてもそれに合わせなければならない。夕方4時半ごろには葉っぱの気孔が閉じ色が濃くなる。逆に朝7時半ごろには気孔が開き光合成を始めるのか、見る見るうちに葉の色が黄緑になっていく。これは毎日見ていないとわからない。なかなかサラリーマンの人とは違ったサイクルである。
 最近大企業が農業分野に進出するニュースを耳にする、しかしこのサイクルがうまく飲み込めないと必ず失敗して撤退の憂き目に会う。9時5時という世界ではありえないのだ。しかし眠い。

読書感想文は嫌いだ 

 私が小学生のころ国語の宿題で読書感想文があった。国語が嫌いで、読書も好きではなかった。
本の最初と最後を読んで、著者の説明を参考に簡単に書いてしまったものだ。その報いがこの文章表現力である。デジタル化が進んでいるとは言え、最終的には自分で考え表現することに変わりは無い。ちょっと我慢して読んで頂きましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。