スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こころ亡き人へ告ぐ 

 悲しいことです。ホソじいが丹精込めて育てた、ミニトマト、
我慢に、我慢をして完熟させて、今朝収穫しようと思ったら、
真っ赤に熟しているはづのトマトがなくなっていました。

そうです盗難にあったのです。心なき人よ、こんなちぃさなとまと
盗ってこころが痛まないか?とても寂しいことが最近続いています。

                        ホソじい疲れた。
スポンサーサイト

悲しい出来事 

福島県の酪農家が自殺をしてしまった、ニュースがテレビで放送されていました。
原発の放射能問題関連だとのこと、非常に悲しいニュースです。

いろいろ、ホソじい自身は思うことがいっぱいありますが、うまく書けません。

ホソじい姿を現す 

ついにネット上にホソじいの姿が公開されました。
ホソじい ここでクイズさてこのわさび菜のハウスの中でシャキとしているホソじい
何歳でしょう?
ヒント若そうに見えてじつは、孫が2人います。
21年8月31日現在で満何歳か!
ベジタハウスのホームページよりアクセス頂いて、回答いただいた方の中から、一番近い年令を書いてくださった方に抽選で1名、野菜お試しセットをお送りいたします。

当選者発表は、10月1日このブログにて発表いたします。
なお、お試しセットは写真掲載のものと季節により変わる場合がありますのでご了承下さい。

ベジタハウスホームページこちらから入って問い合わせのページよりメールにてご応募下さい。
                                        ホソじいより
                             

お尋ね 

 最近消費者の皆さんにお聞きしたくなる。農薬を使った綺麗な野菜と使わず虫の食った穴の開いた野菜どちらが良いですかと。
 私は、虫の食っていない農薬も使っていない綺麗な野菜が食べたいと思う。しかし、これを育てるのは並大抵の努力では出来ない。コストがかかりすぎる。近所のスーパーで綺麗な野菜が有機栽培としてものすごく安い値段で販売されている。この光景を見るたびに、この野菜の生産者はすごい技術の持ち主だと思う。私には到底出来ない、採算に合わない、合わせる技術が無い、もっと勉強しなければ。

驚異の成長 

0004.jpg
最近のじめじめした湿度の高い気候、くうしん菜には超最適である。すくすく伸びる伸びる。
一度収穫をして自宅へ戻り、また温室へ行くと元通りに成長したのではと思うほど早い。
驚異の生命力。これがくうしん菜の栄養のもとなのか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。